鋼板型枠止水(止水パン)工法

鋼板型枠止水工法(止水パン)は水場(海岸線のスプラッシュゾーン等)で建造されるコンクリート製支柱の仮説用止水工法です。
アクアボンドは仮説本体(セパメント)を固定するための金具(キャップ)を捨コン面(水中・湿潤面)に取り付けるために、接着及び防水目的で使用されています。


詳細は《LINK》